度が過ぎた愛しさを

君と仲間たちが 夢を叶えて 笑ってるその日を 僕らは待っている